縛りなしWiFiの通信速度や料金の解説、メリット・デメリットについて

縛りなしWiFiの通信速度や料金の解説、メリット・デメリットについて

契約期間を定めずに業界最安値レベルでポケットWiFiが使えると人気の「縛りなしWiFi」について、メリット・デメリットや注意しておきたいポイントについて、解説しています。

縛りなしWiFiは、とにかく費用を安く抑えて使いたい人、契約期間を決めていない人などにおすすめしたいポケットWiFiの一つとなっています。ぜひ参考にしてみてください。

縛りなしWiFiの特徴

対応エリア ソフトバンク4G 契約期間 縛りなし/1年/3年
実質月額料金* 3,641円 速度 112.5Mbps~612Mbps
初期費用 事務手数料:3,300円 端末代 縛りなしプラン:無料
縛っちゃうプラン:有料
月間データ量 1日2GB/40GB/50GB 支払い方法 クレジットカード決済
口座振替
提供機種 801ZT/601HW/
FS030W
キャンペーン 生活応援キャンペーン
事務手数料無料キャンペーン
※料金はすべて税込み
※月額料金は、縛りなしプラン40GBを1年間契約した場合の月割料金

利用回線はソフトバンクなので、WiFiは地方でも問題なく入ります。プランも契約期間がない「縛らないプラン」と契約期間のある「縛っちゃうプラン1年/3年」があります。契約期間がある分、解約時に違約金がかかりますが、その分だけ月額料金が安いため自分の用途によってプランを選べるのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

縛りなしプランで最も安い月間40GBプランで計算すると、1ヵ月あたり3,641円に。
提供している端末も新しいモデルが多く、通信速度も他のポケットWiFiと比較しても品質も良く速いです。クレジットカードの他に口座振替にも対応しているのは大きなプラスと言えるでしょう。

気になる点としては、データ容量が他のWiFiと比較しても少ないという点でしょうか。50GBが極端に少ないというわけではありませんが、他社で100GB以上のプランが主流の中、50GBだと少なく感じてしまいます。

縛りなしWiFiの料金プラン

次に、縛りなしWiFiの料金プランを確認していきましょう。2022年1月時点での料金プランは以下のようになっています。

縛りなしプラン

プラン名 データ容量 月額料金
ギガプラン 1日2GB 3,630円
40GBプラン 40GB 3,366円
50GBプラン 50GB 3,575円

1年縛っちゃうプラン

プラン名 データ容量 月額料金
ギガプラン 1日2GB 3,300円
40GBプラン 40GB 3,190円
50GBプラン 50GB 3,278円

3年縛っちゃうプラン

プラン名 データ容量 月額料金
ギガプラン 1日2GB 3,080円
40GBプラン 40GB 2,926円
50GBプラン 50GB 3,025円
※料金はすべて税込み

縛りなしプランの一番高い「ギガプラン」だったとしても月額3,630円です。そのため、どのくらいの期間使うか決めてない人でも安心して使うことができます。

契約期間が定められている「縛っちゃうプラン」であれば更に安く、業界の中でも最安値レベルで使うことができます。

縛りなしWiFiの容量は1日2GB、月間40・50GBがありますが、どれも動画視聴をメインにするには少し物足りなさを感じてしまいますが、基本ビジネスシーンで使うような方には、十分な容量でコスパよく使えるかと思います。

縛りなしWiFiのメリットとデメリット

ここかからは、縛りなしWiFiのメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

  • 月額料金が業界の中でも安め
  • 契約期間がないプランを選べるからいつでも解約できる
  • 端末の発送が速いからすぐに使える
  • 取り扱い端末が比較的新しいモデル

月額料金が業界の中でも安め

縛りなしWiFiは、この業界の中でも最安値レベルでポケットWiFiを提供しています。
相場が約3,680円と言われていますので、縛りなしで契約できて3,630円で使えるのはそこそこ安いです。縛りがあるプランだと3,080円にまで落ちますので、長期的に安く使いたいのであればおすすめのポケットWiFiといえます。

契約期間がないプランを選べるからいつでも解約できる

縛りなしWiFiには「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」があります。この中で縛りなしプランであれば、いつ解約しても違約金などが発生することはありません。
縛っちゃうプランだと違約金がかかってしまいますが、その分月額料金が安くなっているため自分の環境でプランを選べるのもメリットの一つと言えるでしょう。

端末の発送が速いからすぐに使える

レンタルWiFiの気になる点として、「端末が契約してからどのくらいで届くのか」というものがあります。会社によっては1週間届かないこともあるくらいです。
そんな中、縛りなしWiFiは最短即日発送をしています。申し込みの時間にもよりますが、翌日からすぐにWiFiが使えるのはうれしいポイントです。

取り扱い端末が比較的新しいモデル

縛りなしWiFiが提供している端末は新しいモデルが多いです。型落ちの端末をレンタルに回すことも多い業界の中で、最新モデルが出るたびにそれを提供してくれるのは大きな強みと言えるでしょう。
コンパクトで使いやすく、起動時間が長かったり通信速度が速かったりとやはり最新モデルの方が嬉しいですよね(※端末は選べない)。

デメリット


では次に、デメリットの方も確認してみましょう。限定的な部分もありますが、メリットよりもデメリットの方が数は多く感じました。

  • 通信制限が厳しく、上限に達すると完全に停止する
  • プラン変更ができないことがある
  • 縛りなしプランだと初期契約解除(クーリングオフ)ができない
  • 端末を選ぶことができない
  • 端末が故障した際の弁償代が高い

通信制限が厳しく、上限に達すると完全に停止する

縛りなしWiFiでは多くのプランが用意されていますが、他社と比べるとデータ容量が少し少なめです。1ヶ月間で50GBまで使える「50GBプラン」であれば1日単位での制限はありませんが、50GBを超えた時点で回線が停止します。速度が遅くなるのではなく、一切使えなくなるのです。

他社であれば100GBプラン以上もあるため、少し見劣りしてしまいます。それに加えて、ギガプランでは1日で使える通信料は2GBとなっており、これを超えるとその日は通信速度が128kbpsになってしまいます。使い方を注意しないといつの間にか超えてしまうことも。

プラン変更ができないことがある

「縛りなしプラン」から「縛っちゃうプラン」に変更することはできますが、逆に「縛っちゃうプラン」から「縛らないプラン」に変更することはできません。もしプラン変更をしたい場合は、一度縛っちゃうプランの方を解約して新しい契約を結ぶ必要があります。

36ヶ月以内に変更を希望する場合は違約金が発生してしまうのです。そのため、おすすめはまず「縛らないプラン」で契約し、問題なく使い続けれそうであれば「縛っちゃうプラン」に変更してみましょう(縛っちゃうプランの方が安いため)。

縛りなしプランだと初期契約解除(クーリングオフ)ができない

縛りなしプランだとクーリングオフをすることができません。そのため、端末が届いていざ使ってみたら繋がらない…といった状況になっても、端末が届いた時点で契約キャンセルができないため1ヶ月は使う必要があります。端末が発送される前にキャンセルすれば費用はかからないので安心してください。

端末を選ぶことができない

端末によって通信速度や稼働時間などが変わりますので、自分の環境に合っている端末を選ぶことが重要です。しかし、現在の縛りなしWiFiでは「801ZT」「601HW」「FS030W」しかありません。この3つはソフトバンクの回線を使っており、最大速度は112.5Mbps~612Mbpsとなっています。機種を指定することはできません。

それに加えて、上記で記載したように1日に3GB以上の使用で通信制限という縛りもあります。このほかにもWiMAX用の端末などもありますが、ポケットWiFiだけで考えると選択肢がないのはデメリットといえるでしょう。

端末が故障した際の弁償代が高い

縛りなしWiFiは最低利用期間などの設定はありませんが、解約すると「端末の返却」が求められます。これ自体に問題はないのですが、端末が故障していたり紛失していたりすると弁償代として43,780円(税込)が請求されます。せっかく安く利用していたのに、最後の最後で高額請求になってしまっては意味がありません。

端末は精密機械なので、ほんの少しの衝撃や水濡れで故障してしまうこともあります。紛失のことも考えてしっかりと管理するようにしましょう。詳しくは後述しますが、もしもの時のために「安心サポートプラン」の加入をおすすめします。

縛りなしWiFiを他社と比較したら料金・速度はどう?

会社名 実質の月額料金 契約期間 データ容量 通信速度
縛りなしWiFi 3,641円 なし 40GB 112.5Mbps~612Mbps
docomo ポケットWiFi 8,497円 2年 60GB 988Mbps
Mugen WiFi 3,438円 2年 100GB 150Mbps
THE WiFi 3,327円 2年 100GB 150Mbps
※料金はすべて税込み

全体的に見て料金面は安いですが、データ容量は少ないため他社の方がコスパが良いということが分かります。縛りなしWiFiは最大で50GBしかないため、それを加味しても少し見劣りしてしまいます。

ただし、docomoのポケットWiFiと比較した場合、縛りなしWiFiの方がお得だということが分かります。契約期間の縛りなどはありませんが、料金面やデータ容量のことを考えると他社の方がお得なことが多いです。

縛りなしWiFiを利用している人の口コミ

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均評価: 
 (1 レビュー)
あらこ

縛りなしWi-Fiで契約して機種が選べなかったのでどうかな?と初めは不安でしたが問題なく使えてます。普段は動画視聴がメインなのですが速度も安定していて特に気になるところもないです。契約から2年経ちますが今のところ気になるトラブルもなく使っています。

料金もずっと一律なので安心です、一番は解約時期を気にすることなくいつでもできるのでそれがメリットだと思います。普段からデータを大量に使ったりしないので通信制限がかかったことはないのですが月20GBだとひっかかるようなのでほんとの無制限ではないのでそこだけ改善してほしい点ですが今のところ不満なく使ってます。

縛りなしWiFiのよくある質問Q&A

最後に、縛りなしWiFiでよくある質問をQ&Aという形で紹介していきます。

Q.端末が届くのはいつ?

基本的に、14時までの申し込みであれば翌日発送が可能です(佐川急便)。ただし、これはクレジットカード決済を選択した利用者のみに対応しており、口座振替の場合は口座の登録や振込の確認後の発送となるためクレジットカード決済と比べると到着が遅くなります。その他にも以下のようなことに注意しましょう。

注意点
※発送完了後に荷物の詳細が記載されたメールが送られてくるので保管しておく
※申し込みした翌日の14時まで契約内容の変更・キャンセルが可能
※口座の登録には数日~1週間ほどの時間がかかる
※口座の登録後、振り込みに関するメールが届くので内容を確認して振り込みをする

Q.支払い方法を詳しく教えてほしい

縛りなしWiFiで対応している支払い方法は「クレジットカード決済」と「口座振替」のみとなっています。

【クレジットカード決済】

現在対応しているクレジットカードは、「VISA/MasterCard/JCB/DinersClub/AMERICANEXPRESS」です。プリペイドカードやデビットカード、電子決済サービスなどには対応していません。

【口座振替】

申し込み時に口座の登録申請を行います。口座振替を利用する場合、別途で初期費用10,000円(税抜き)が発生する点には注意しましょう。口座の登録が完了してから振り込みの確認を経て商品の発送となりますので、早めに使いたい人は書類不備や振込期日を守るなどして手続きを行ってください。

Q.支払いのタイミングはいつ?

これも支払い方法によって変わってきます。

【クレジットカード決済】

申し込み完了時に、事務手数料と日割り料金が初回料金として決済されます。そのため、決済できるだけの枠を残しておく必要があります。翌月以降の決済日は毎月27日です。

【口座振替】

毎月27日に引き落としが行われます。口座登録や商品到着までに時間がかかるため、利用開始月などは事前に確認しておきましょう。

Q.使ってみたらエリア外や電波が弱かった場合どうすれば良い?

自分が使うエリアが範囲内かは自分で調べるようにしましょう。もしエリア確認をせずに申し込みをし、端末が届いた後にエリア外だと分かったとしても交換などはできません。端末発送後の変更やキャンセル、当月内での解約もできないため事前にエリアは調べておきましょう。

Q.安心サポートプランって何?

端末本体が何かしらの理由で故障や破損したり、水没、紛失した際に端末料金を負担してくれるサービスのことです。月額550円で加入することができるのですが、加入できるのは契約時のみとなっています。そのため契約途中での加入はできませんし、途中で解約することもできません。加入時と未加入時には以下のような差があります。

安心サポート加入時:11,000円(税込)
安心サポート未加入時:43,780円(税込)

32,780円も安くなりますので、長期間使っていきたい人や故障しないか不安な人は加入することをおすすめします。その他の注意点として以下のようなことがあります。

注意点
※端末購入にて「縛っちゃうプラン」を契約した場合、安心サポートプランに加入していても紛失の際は対象外になる
※SIMカードの再発行手数料(3,300円)は負担する
※安心サポートプランは日割り料金にはならない
※複数契約する場合、すべての端末で加入する必要がある。一部だけ加入するということはできない
※安心サポートプラン料金は日割りとなりません。

Q.解約時の違約金っていくら?

プランによって違約金が変わってきます。

【縛りなしプラン】

最低利用期間などもないため、解約しても違約金などは発生しません。

【1年縛っちゃうプラン】

12ヶ月毎に自動更新されるプランです。更新月以外の解約では違約金が発生します。もし更新月以外で解約した場合、5,500円(税込)が請求されます。12ヶ月目が更新月となり、この月に限り違約金は発生しません。

【3年縛っちゃうプラン】

36ヶ月毎に自動更新されるプランです。更新月以外の解約では違約金が発生します。1年縛っちゃうプランと違って、解約する期間によって違約金の値段が以下のように変わります。

0ヶ月目~11ヶ月目 33,000円(税込)
12ヶ月目~35ヶ月目 27,500円(税込)
それ以降 10,450円

更新月および「FON光」への乗り換え時のみ違約金は発生しません。3年使うか分からない人は1年縛っちゃうプランの方を検討してみましょう。

Q.初期契約解除ってできる?

プランによって可能です。

【縛りなしプラン】

縛りなしWiFiの場合、「縛りなしプラン」だとレンタル商品となるため初期契約解除はすることができません。最低でも1ヶ月間は使わないと解約することは不可能です。

【縛っちゃうプラン】

こちらのプランであれば、初期契約解除制度を適用することが可能です。端末が到着してから起算して8日以内に問い合わせフォームから「初期契約解除制度利用」の旨を伝えましょう。申請書類へ記入し、SIMカードと一緒に縛りなしWiFiの方に発送します。以下の注意点を確認しながら手続きを進めていきましょう。

注意点
※初期契約解除が使えるのは個人契約者のみ
※端末が到着してから起算して8日以内に連絡すること、申請書類・端末・USBケーブル・SIMカードの発送をすることが条件
※返送する際の送料はすべて利用者負担になる
※解約時の違約金などは発生しないが、契約事務手数料が3,300円(税込)は請求される
※発送伝票・封筒の表面などに「初期契約解除」と記載しないと、適用処理が正常に進まず費用の請求がくる場合もある

まとめ

  • 縛りなしWiFiは、料金が業界最安値レベルのポケットWiFi
  • 契約期間のない「縛りなしプラン」と契約期間のある「縛っちゃうプラン1年/3年」がある
  • 解約時に違約金がかかる反面、月額料金がかなり安くなる
  • 口座振替にも対応しているため契約しやすい
  • 縛りなしプランは解約がしやすいがクーリングオフができないなどの制限がある

とにかく安さにこだわるのであれば非常におすすめのレンタルWiFiです。発送も早いためすぐに使えますし、自分の利用環境にあったプランを選べる点も契約しやすいでしょう。

まずは、「安さ」を取るのか「契約期間」を取るのかをしっかりと確認してから契約に進むと、納得のいくポケットWiFiを選べるでしょう。

縛りなしWiFi公式サイトへ

記事の共有はこちら

ABOUT著者情報

小田寺 真司

2013年から6年間、通信機器(スマホやインターネット)の営業や販売業務の経験を経て、現在は大手家電量販店のスタッフ様に対してインターネット回線に関する知識研修・補助を行うお仕事をしています。