【28社比較】公式よりお得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバックはここだ!

【28社比較】公式よりお得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバックはここだ!

ドコモ光にはプロパイダが沢山あって、受け取れるキャンペーンもたくさんあります。どこから申し込むのが一番お得なのか、窓口28社を比較して、一番おすすめの窓口をピックアップしました!

ドコモ光は公式から申し込むと一番損をする

ドコモ光と契約するにあたって、契約できる窓口は主に3つあります。

  • NTTドコモ公式
  • プロパイダ会社
  • 販売代理店

公式から申し込むのが一番お得じゃない?と思うかもしれませんが、実はプロパイダや代理店から申し込むのが一番お得です。代理店は分かりやすいイメージにすると「下請け」にあたります。

ドコモ公式から申し込むと… ドコモ公式のキャンペーンのみ
プロパイダから申し込むと… ドコモ公式のキャンペーン+プロパイダの特典が受け取れる
販売代理店から申し込むと… ドコモ公式のキャンペーン+プロパイダの特典+代理店の特典が受け取れる

お得な理由は、公式から申し込むと公式がやっているキャンペーンしか受け取れません。プロパイダ(または代理店)を通して申し込むと、公式とプロパイダ両方のキャンペーンが受け取れるためです。もちろん、どこから申し込みしても回線速度やサービスは同じです。

ドコモ光の公式キャンペーンの内容(必ず貰える)

まずは、現在実施中のドコモ光の公式キャンペーンを確認していきましょう。

ドコモ光の公式キャンペーン
  • ドコモ光新規工事料が無料
  • 【ドコモ光 1ギガ】dポイントプレゼント特典(10,000ポイント)
  • 【ドコモ光 10ギガ】dポイントプレゼント特典(39,200ポイント)
  • 【ドコモ光】1ギガ⇒10ギガプラン変更特典(dポイント7,000)
  • 【公式WEB限定】ドコモnet ドコモ光ルーター購入特典(dポイント7,000)
  • ドコモ光テレビオプションお申込みでdポイントプレゼント!(5,000ポイント)
  • ドコモ光お引越し(移転)特典(dポイント5,000)

現在ドコモ光で行われているキャンペーンはこのようになっています。ドコモ光の公式キャンペーンの特徴としては、現金キャッシュバックは実施していないという点です。キャッシュバックはdポイントでされるため、利用方法も現金と比べて限られてしまいます。

それでもdポイントで買い物する人も多いですし、ドコモユーザーにとっては使う場面が多いかもしれません。基本プランであるドコモ光1ギガでも10,000ポイントですし、仮に10ギガと契約すれば最大で39,200ポイントも付与されます。

ドコモ光の新規契約だけでなく、引っ越しによる転用に対してもdポイントが付与されるキャンペーンも実施しています。しかし、ドコモ光の場合は転用よりも一度解約して新規契約した方がお得なことが多いです。

それについては【ドコモ光の引っ越し時にかかる費用・手順やお得に引っ越し後も使う方法】の方で詳しく解説しています。テレビオプションに加入してもポイントは貰えますが、テレビオプションは月額料金が高いため、不要な人は契約しない方が良いでしょう。

ドコモ光のキャンペーン窓口28社を徹底比較

ドコモ光の申込窓口28社を比較していきましょう。「月額料金の割引」をメインのキャンペーンにしている窓口もありますが、基本的にはキャッシュバックの方がお得です。

窓口 キャッシュバック 受け取り時期 オプション加入 dポイント付与
ネットナビ
(代理店)
20,000円 最短翌月 あり
なしの場合は15,000円
2,000pt
GMO
(代理店)
20,000円 開通+口座登録が完了した翌月 なし 2,000pt
ディーナビ
(代理店)
20,000円 開通確認後、翌月末 あり 2,000pt
WIZ
(代理店)
20,000円 不明 なし 2,000pt
GMOとくとくBB 20,000円 申し込み月を含む5ヶ月以内 あり 2,000pt
ぷらら 15,000円 利用開始月を含む4ヶ月目の
月末以降に来るメールにて案内
なし 2,000pt
@nifty 20,000円 開通月を含む12ヶ月目 あり 2,000pt
BIGLOBE なし なし なし なし
hi-ho なし なし なし なし
IC-NET なし なし なし なし
タイガースネット なし なし なし なし
SIS なし なし なし なし
andline なし なし なし なし
DTI なし なし なし 10,000pt
OCN 20,000円 開通した翌月の下旬頃 なし 2,000pt
ドコモnet
(公式)
なし なし なし なし
BB.excite なし なし なし なし
@TCOM なし なし なし なし
ちゃんぷるネット なし なし なし なし
SYNAPSE なし なし なし 10,000pt(新規契約)
TikiTiki なし なし なし 20,000pt(新規契約)
15,000pt(転用)
3,000pt(契約更新)
エディオンネット なし なし なし なし
コアラ なし なし なし なし
@ネスク なし なし なし なし
楽天ブロードバンド なし(月額料金割引) なし なし なし
AsahiNet なし なし なし なし
TNC なし なし なし なし
WAKWAK なし(月額料金割引) なし なし なし

ドコモ光のキャンペーン窓口を選ぶときのポイント

では、ドコモ光でキャンペーン窓口を選ぶ際にどのような点に注目すべきなのか解説していきます。

  • 有料オプションの加入に注意する
  • キャッシュバックの受け取れるのが1年先の窓口もある
  • キャッシュバックを受け取るための手続きは簡単か

有料オプションの加入に注意する

キャンペーンを受け取る条件として、有料オプションへの加入が必須になるプロバイダもあります。条件のオプションが数百円のものであればキャッシュバックを受けても大きなプラスになります。しかし、光テレビなどの月額2,000円近くになるオプションへの加入が条件だった場合、キャッシュバックを受けてもそこまでプラスになることはありません。

光テレビの加入を前提にドコモ光を契約したい場合はお得ですが、もし不要だった場合は契約を見送った方が良いでしょう。もしくは、すぐに解約しても違約金が発生しない場合はキャッシュバックだけ受け取って解約するのも手です。

キャッシュバックの受け取れるのが1年先の窓口もある

キャッシュバックを受け取れる状態になったとしても、すぐに受け取れるとは限りません。適用条件を満たせば数週間~翌月で受け取れるプロバイダもありますが、長いとこになると1年近く待たなくては受け取れないこともあります。

受け取るまでにドコモ光を解約してしまうと受け取り資格が無くなってしまうことがありますので、受け取り期間が長すぎるプロバイダとの契約はしっかりと考えた上で行いましょう。少なくともキャッシュバック目的であればおすすめできません。

キャッシュバックを受け取るための手続きは簡単か

キャッシュバックを受け取るには基本的に手続きが必要です。

  • 受け取り可能になったらメールが来るからそこから申請する
  • ドコモ光の方から電話で連絡がきて申請する
  • 開通して口座登録が済めば自動的に受け取れるようになる

基本的にはこのような手続きが一般的です。ドコモ光が開通して口座登録が済めば自動的に受け取れるという方法が最も確実で楽です。受け取り期間も翌月ということもあり、受け取り忘れがないためおすすめの方法と言えるでしょう。ドコモ光から電話で連絡がくるパターンも比較的受け取りやすい方法です。しかし、最も多い申請方法は、受け取り可能になったらメールが送られてきて所定の申請フォームなどから申請する方法です。

この方法もメールが送られてくるまで待つだけですので、その間に自分から何かすることはありません。申請フォーム自体も個人情報やキャッシュバックを受け取る銀行口座の登録など難しいことはありません。しかし、この方法で最も問題なのが「申請忘れ」です。

メールが送られてくる時期はある程度決められていますが、メールをこまめにチェックしない人は他のメールに埋もれて気付かないこともあります。そして申請期間が過ぎてしまい受け取れなくなってしまうのです。そのため、できるだけメールのチェックはこまめにしましょう。

ドコモ光が1番お得に契約できるのは「ネットナビ」

かなり多くの窓口やプロバイダがありますが、その中でもおすすめの窓口は「ネットナビ」です。

キャッシュバック 15,000円~20,000円
特典 ・キャッシュバック特典
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・工事料無料
・ネット開通前ポケットWi-Fi無料レンタル
・セキュリティ、訪問サポートが無料のプロバイダも探せる
・dポイント2,000pt
受け取り時期 最短翌月
ネットナビがおすすめの理由
  • 24社から好きなプロパイダを選べる
  • オプションを付けると20,000円のキャッシュバック
  • オプション無しでも15,000円のキャッシュバックがある
  • 工事費無料でdポイントも2,000pt付与される
  • ネットが開通するまでポケットWi-Fiの無料レンタルがあるため安心
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルも行っているため初期費用が安い

ネットナビでは最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。適用条件にオプション加入がありますが、加入しなくても15,000円はキャッシュバックされます。最短翌月には受け取れるのもメリットです。

ドコモ光が開通するまでの間は、ポケットWi-Fiの無料レンタルがあるのもおすすめポイント。開通後も高速インターネットが使える高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルもあるため、初期費用を極限まで抑えることもできます。セキュリティソフトや訪問サポートが無料で使えるプロバイダを探せるのも悩んでいる人にとっては有難いサービスと言えるでしょう。

ネットナビでは、24社の中から様々なプロバイダを確認しながら選択することができますが、筆者がおすすめしたいのが「GMOとくとくBB」です。サービス、回線速度、どれをとっても他社より優れているからです。ネットナビの申込画面から、GMOとくとくBBを選択してください。

ネットナビ公式サイトへ

GMOとくとくBBに関しては【ドコモ光のプロバイダ24社を比較!お得でおすすめのプロバイダは1つだけ!】でも解説していますので、もっと詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

ドコモ光のキャンペーンに関するよくある質問

最後に、ドコモ光のキャンペーンについてよくある質問をQ&Aという形で解説していきます。

ahamoはドコモのセット割の対象になる?

新プランであるahamoはセット割の適用外です。
ahamoで契約している場合は、他の光回線と契約した方がお得になることもありますので、【あなたに合うインターネット回線診断】を活用して、もっともお得に契約できる光回線を探してみてください。

家族4人ともドコモ携帯だけど、セット割はいくら?

家族4人がドコモユーザーだった場合、セット割でいくらくらい割引されるのか解説していきます。結論から言ってしまうと、家族4人がどの料金プランに加入しているかによって割引額が異なってきます。各プランの割引額は以下のようになっています。

新料金プラン

契約プラン 割引額
ギガホプレミア ~60GB -1,100円
~3GB -1,100円
ギガライト ~7GB -1,100円
~5GB -1,100円
~3GB -550円
~1GB 割引なし

旧料金プラン(個人)

  割引額
ウルトラデータパックLLパック(30GB) 1,760円
ウルトラデータパックLパック(20GB) 1,540円
ベーシックパック20GB以下 880円
ベーシックパック5GB以下 880円
ベーシックパック3GB以下 220円
ベーシックパック1GB以下 110円

大容量シェアプラン

  割引額
ウルトラシェアパック100 3,850円
ウルトラシェアパック50 3,190円
ウルトラシェアパック30 2,750円
ベーシックシェアパック
~30GB
1,980円
ベーシックシェアパック
~10GB
1,320円
ベーシックシェアパック
~5GB以下
880円

例えば、家族4人の料金プランが「ギガホプレミア3GBが2人、ギガライト7GBが1人、ギガライト3GBが1人」だったとします。その場合、-1,100円割引が3人と-550円割引が1人ですので、合計-3,850円の割引となります。

基本的には、この表と照らし合わせながら割引額を算出すれば問題ありませんが、一つだけ注意点があります。それが、家族内グループで「新料金プラン」と「旧料金プラン」の両方が存在しているパターンです。

この場合、家族グループの代表を「旧料金プラン」の人にしましょう。なぜなら、旧料金プランの人が代表者になることで、新料金プランもセット割が適用されるからです。逆に新料金プランの人が代表者になってしまうと、割引を受けられるのが代表者1人だけになってしまいます。セット割を適用させる際には、家族グループが契約しているプランについても確認しておくと良いでしょう。

ドコモ光に引っ越しキャンペーンはある?

ドコモ光には、現状引っ越しキャンペーンと呼ばれるものは提供されていません。一応「ドコモ光引っ越し受付フォーム」から申し込むことによってdポイントを5,000pt付与されますが、使える期間と用途が限られたものになります。

それに加えて、このポイントを受け取るためにはドコモスマホとのペア回線にする必要があります。つまり、ドコモ光セット割に適用できる環境である必要があるのです。そのため、ドコモ光を使っていて引っ越しする場合は新規契約の方がお得になるケースがあります。

詳しくは【ドコモ光の引っ越し時にかかる費用・手順やお得に引っ越し後も使う方法】の方も確認してみましょう。

家電量販店で申し込むのはダメ?損する?

家電量販店などに行くと、ほとんどの場合でインターネットの申し込みブースがあります。ドコモ光を取り扱っている家電量販店も多いです。しかし、家電量販店でドコモ光に申し込むのは損すると言えるでしょう。

なぜなら、家電量販店でドコモ光と契約してしまうとプロバイダから付与されるようなキャッシュバックがないからです。受け取れるのはドコモ光の公式キャンペーンと、家電量販店で行っているキャンペーンとなっていますが、家電量販店でのキャンペーンは特典が少ないことが多いです。

ただし、家電量販店で契約するメリットもあります。家電量販店でドコモ光と契約する際には、必ず専門のスタッフが対応してくれます。そのため、ドコモ光の料金体制や契約期間などを相談しながら契約手続きに進むことが可能です。

分からない部分も質問しながら進められるため、機械やインターネット関連が苦手な人には良いかもしれません。もし家電量販店で申し込む場合は、料金面に関して言えば損をしてしまうということを頭に入れておくことをおすすめします。

ドコモ光キャンペーンまとめ

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • キャンペーンは「公式キャンペーン」と「プロバイダの独自キャンペーン」がある
  • 公式キャンペーンはどこで契約しても適用される
  • キャッシュバックは、主に代理店が行っている独自のキャンペーン
  • 特典の受け取り時期や適用条件などを事前に確認しておくこと
  • おすすめの窓口は「ネットナビ」でプロバイダは「GMOとくとくBB」
  • 家電量販店での申し込みは損になることが多いため注意

公式キャンペーンは工事費が無料になったりdポイントが付与されるものであり、現金がキャッシュバックされるものではありません。そのため、プロバイダから受け取るキャンペーンは月額割引ではなく、キャッシュバックを行っているところを選ぶことをおすすめします。

とくにGMOとくとくBBは大手プロバイダということで高い実績と安心感があります。適用条件はプロバイダ毎に違いますので、申し込む前にしっかりと内容を確認しておくことが重要です。



記事の共有はこちら

ABOUT著者情報

小田寺 真司

2013年から6年間、通信機器(スマホやインターネット)の営業や販売業務の経験を経て、現在は大手家電量販店のスタッフ様に対してインターネット回線に関する知識研修・補助を行うお仕事をしています。